医療への参加およびご協力について | 入院のご案内 | 札幌の中村記念病院

入院のご案内

医療への参加およびご協力について

 当院では、入院なされた患者さんが、安全な入院生活を送れるよう、スタッフ一同細心の注意を払わせていただいております。しかしながら、日中夜間を問わず、全ての患者さんの安全をすぐおそばで見守らせていただくことはできないのが現状です。患者さんの安全を確保するためには、患者さん、ご家族の皆さんの医療への参加(ご協力)をいただくことが大切です。そのために、次の事柄についてご説明いたしますのでご協力をお願いします。

IDバンドの装着について

患者さん自身を特定するため、患者さんの名前等の情報が書かれた「ID バンド」を手首、または足首につけさせていただきます。手術、点滴、お薬、検査等の際に、IDバンドの確認が不十分な時は、ご遠慮なく確認を促して下さい。
※なお、装着にご同意を頂けない場合は主治医、または看護師にお申し出下さい。

病室・病棟の移動について

患者さんの病状等により、治療・看護・リハビリ等に適した病室・病棟へ移動していただくことがありますので御了承願います。

院内感染防止について

病院では、院内に常に存在したり、面会の方から持ち込まれたりする細菌やウィルスなど、免疫力の低下している患者さんの病状を悪化させる危険性があります。この防止のためには「手洗い」が重要です。

病室への出入りの際は、入り口に備え付けてある消毒薬で手を消毒して下さい。

マスクも各病棟に用意してありますので、風邪等の症状のある方はご利用下さい。

危険行為の防止のための身体拘束について

意識障害や認知障害がある場合は転倒・転落の可能性や点滴や挿入物を抜いてしまうことが考えられます。そのような状況においては、十分に検討した上で、安全対策として身体拘束を行わせていただく場合があります。さらに、身体を傷つけてしまう、おむつを触るなどの行為に対しても身体保護や衛生保持のためにやむを得ず身体拘束が必要な場合もありますので御了承下さい。

 以下の場合
①(切迫性)・・・患者さん御自身や他の人などの身体が生命の危機にさらされる可能性が高い場合
②(非代替性)・・・身体拘束やその他の行動制限を行う以外に、代替方法がない場合
③(一次性)・・・身体拘束その他の制限が一時的な場合

身体拘束を行わなければならないときはご家族へ説明の上、同意書を取らせていただきますのでご協力お願いします。
 

転倒時の骨折について

最近の調べでは、在宅生活中の65才以上の方のうち1年間に約2割の方が転倒を経験し、一度転倒した事のある方はその後も転倒しやすい事がわかっています。さらに年齢を重ねるとともに転倒時の骨折の危険性が高まり、特に下肢の骨折はその後の障害につながりやすいとの事です。入院中の方についても、色々な転倒防止対策がとられているにもかかわらず、病室内、廊下、トイレなどの身近な場所でのご高齢の方の転倒を完全に防ぐことは出来ません。

脳や脊髄の病気による運動の障害のある方、ご高齢の方、転倒外傷で入院している方などは、転倒しやすく転倒時に骨折をきたしやすい状態にあります。ご自分で出来ないこと、許可させていただいていない行為をなさろうとする際は、スタッフに必ずお声をかけて下さい。また、運動の障害や転倒の経験のない方でも、病院内で転倒する可能性があります。転倒したり、そのために痛みがあったりした場合は、すみやかにスタッフまでお知らせ下さい。

入院後長期臥床となる方については、体位変換時に大腿骨頸部骨折などが生じることもありますが、そのような場合には、迅速に対処させていただきます。御家族の皆様が気づかれる場合もありますので、その場合はすみやかにスタッフまでお知らせ下さい。
 

肺血栓塞栓症について

肺血栓塞栓症とは、肺の血管に血の塊等の物質(塞栓子)が詰まることによりおこります。いわゆる旅行血栓症(エコノミークラス症候群と言われていたもの)も肺血栓塞栓症の一種です。肺血栓塞栓症をきたすと、肺の血管が詰まった結果、肺から血液に酸素を取り込むことが出来なくなって呼吸困難になったり、心臓に負荷がかかって心不全になったりします。一旦発症するときわめて重篤で、速やかに治療を行っても死亡率が2?8%と言われており、外科的手術に関連して発症した場合の死亡率は約20%とされています。

肺血栓塞栓症の原因となる塞栓子の多くは、足の静脈にできた血液の塊(深部静脈血栓)で、手術中、手術後の安静、脳卒中、脊髄疾患による麻痺や足の骨折のために歩行できないこと、意識障害や認知症でベッド上生活が続くこと等により発生します。また、肥満、喫煙、脱水、ホルモン剤の服用、経口避妊薬の服用、高齢、妊娠、進行癌、下肢静脈瘤や静脈血栓症の既往等がある方々は、肺血栓塞栓症をきたしやすい状態にあります。

中村記念病院では、肺血栓塞栓症を起こしやすいと判断される患者さんに対して、様々な予防策によりその発生を減らすように努力しています。弾性ストッキングの着用や足の自動運動、歩行等を積極的に行うよう勧められたときには、ご協力下さい。また、息切れ、胸の痛み、呼吸困難などの自覚症状があった場合には、すぐにスタッフにお伝え下さい。なお、ご不明の点やご確認なさりたいことがありましたら、お気軽にご質問下さい。
 

誤嚥について

脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、パーキンソン病、認知症等の患者さんやご高齢の患者さんは嚥下障害やのどの神経や筋肉が正常に働かなくなっている場合があり、誤嚥により肺炎を起こしたり、また、気道が塞がれると窒息を起こすこともあります。

オムツの使用について

病状によっては、当院指定のオムツを使用させていただく場合があります。使用した場合は、入院費と併せて請求させていただきますので御了承願います。 
 

納得の行く治療を受けるために

ご自分の病気についての知識を高めましょう。

医師、看護師他、職員と相談なさる際は、ご遠慮なく聞きたいことを聞き、わからないことはご質問下さい。

書面での説明をご希望される場合は、ご遠慮なくお申し出下さい。

入退院支援について、入院時から病状や退院後の生活を見据えて支援をさせて頂きます。