顔面けいれん-微小血管減圧術 | 脳神経外科の病気 | 病気の解説 | 札幌の中村記念病院

病気の解説

脳神経外科の病気

顔面けいれん-微小血管減圧術

どんな病気?

顔の半分が自分の意志とは関係なくピクピクする病気です。通常、目のまわりから始まり、徐々に口元へ広がっていきます。更に進行すると、まぶたと口元が同時に引っ張られ、顔が曲がったり、マヒして動かなくなったりします。中年以降の方に多く見られますが、若年者でも発症します。

原因は?

脳の血管が、顔面神経という神経を圧迫することによって起こります。また、脳腫瘍などの病気が原因で生じることもあります。従って専門的な検査を受ける必要があります。

診断は?

MRI検査にて、顔面神経と血管との関係を調べることによってわかります。当院では、『誰もがわかる最新の画像』を作ることができます。外来で20分程度の検査です。(狭い場所が苦手な方は、個別に対応しますので安心してください。)

治療は?

治療をしなくても、命に関わることはありません。しかし、社会生活に支障が出るようになった場合(車の運転中に突然視界が悪くなったり、人と会うのがおっくうになってしまったり‥‥)には、何らかの治療が勧められます。

初期の場合には、薬の内服やボトックス注射による治療を考えますが、これらは神経の圧迫を解除する治療ではないため、全快にはつながりません。根本治療は、顔面神経を圧迫している血管を神経からずらすことです。手術は全身麻酔で行います。耳の後ろの皮膚を約5cm切り、骨に500円玉程の穴を開け、そこから顕微鏡を使って、顔面神経と血管を実際に見て、慎重にずらします。ずらした血管が再び神経に当たらないようにします。手術時間は約3時間です。

多くの方は、手術後早期に症状が改善しますが、1〜2年かけて症状が消える場合もあります。100人手術をした場合、約95人の方に効果が得られます。

これまでの実績

当院では1981年からこの手術を行っており、2012年末には450症例を越えました。 ここ数年、この病気でお悩みの方が増えており、最近では月に4〜5例の手術を行っています。多くの経験を積んできましたので、安全で確実な治療法として勧めることができるものになっています。お悩みの方はご相談ください。

脳神経外科 野呂秀策