脳内出血 | 脳神経外科の病気 | 病気の解説 | 札幌の中村記念病院

病気の解説

脳神経外科の病気

脳内出血

原因や危険因子

脳出血として代表的なものは高血圧を原因とするものであり、約6割は高血圧性であるといわれています。非高血圧性のものは脳血管の変性に伴うもの、脳血管の奇形によるもの、脳腫瘍からの出血、抗血栓薬などの薬剤の影響によるもの、腎不全や血液疾患などの他疾患をベースに起こるものなどがあります。血圧が高いほど脳出血の危険度は増し、喫煙や過度のアルコール摂取、精神社会的ストレスなども危険因子であるという報告があることや、運動によりリスクを軽減できるといった報告があることから、生活習慣に密接に関わった疾患であることがわかります。

症状

症状は出血の部位や出血量により様々ですが、頭痛・吐き気・めまいなどの自覚症状や意識障害、手足の麻痺、口のもつれや言葉の障害などが代表的です。症状は脳梗塞とも似ており、しばしば両者の区別は困難ですが、どちらも迅速な治療が重要な疾患であり、これらの症状があったときには早めの病院受診が必要です。

診断

通常は頭部単純CTを撮影することで出血の診断は可能です。出血の原因を探るために造影剤を用いたCT検査やカテーテル検査を行うこともあります。当院ではこれらの検査を24時間行うことができる体制となっています。

治療

治療として一般的に軽症例や出血の少ないものに関しては血圧を下げて出血増大を防止する、点滴により損傷した脳の腫れを抑えるなどの内科的治療を行い、重症例や出血の多いものに関しては外科的手術が選択されます(出血の場所などや全身状態により手術困難な場合もあります)。当院では急性期脳出血の症例に対して高度治療室(HCU)や脳卒中治療室(SCU)で厳格な血圧モニターや症状のチェックを行い、状況に応じた最良の治療を選択しています。手術適応の症例に関しても患者さんの状態を適切に評価し、全身麻酔下で頭蓋骨を大きく開けて出血を取り除く手術(開頭血腫除去術)だけでなく、局所麻酔下で頭蓋骨に小さな穴を開け、血腫の中にチューブを入れて吸引除去する手術(穿頭血腫吸引術)も行っています。

予後

高血圧治療の普及や生活習慣の改善により脳出血が軽症化し、死亡率に関しては昔より低下しています。しかしながら、脳出血が脳を破壊してしまう病変であることから、手足の麻痺や意識障害などの後遺症を残し、介護を必要とする状況となる可能性は依然として高く、発症予防や発症後の適切な治療・リハビリ、再発の予防が重要となります。脳出血再発は血圧管理が不十分であった例に多いといわれています。初回出血時に幸い軽症で済んだ患者さんでも、定期的に継続的な治療・検査などを行うことで再発を未然に防ぐことが大切です。