コイル塞栓術 | 治療の解説 | 札幌の中村記念病院

治療の解説

コイル塞栓術

 未破裂脳動脈瘤や、くも膜下出血で発症した破裂脳動脈瘤に対して行っており、開頭手術であるクリッピング術に比べ、患者様への負担が非常に少ない治療です。
 コイルを留置した後も、MRI検査を行うことが可能です。

 頭皮を切開したり頭蓋骨を開けたりする必要が無いだけではなく、血管の中から治療を行うため、脳や神経への影響が少ないことが利点となります。

 血管内治療では動脈瘤の部位に関わらず到達することが可能ですので、脳の中でも開頭手術を行うには困難を伴う部位の治療に、威力を発揮します。
 侵襲の少ない治療であるため、御高齢の患者様にも多く行われます。

 中村記念病院では必ず開頭クリッピング術の専門家との入念な協議を行い、コイル塞栓術の適した動脈瘤の患者様に治療をさせていただいているため、大変良好な治療成績が得られております。

写真左 術前:左内頸動脈後交通動脈分岐部の動脈瘤
写真中 コイルを動脈瘤内に充填
写真右 術後:動脈瘤の完全閉塞が得られている


 本治療を行う、脳血管内治療センターの紹介はこちら