頸動脈ステント | 治療の解説 | 札幌の中村記念病院

治療の解説

頸動脈ステント

 頸動脈ステント留置術は、頸動脈の狭窄した部分を、血管の中から風船の付いたカテーテルで押し拡げ、ステントを用いて内側から内腔を保持する血管内治療になります。
 ステントを留置した後も、MRI検査を受けることが可能です。

 ステント留置術の大きな特徴は、切らなくて済むというところにあり、頸部の神経などの損傷が起こらず、頸部の皮膚に手術のあとが残らないという利点があります。

 心臓や肺の状態が良くなく、全身麻酔での治療にお身体が耐えられない患者様の場合には、局所麻酔での治療も可能であることは、ステント留置術の特徴の一つでもありあます。
 治療中は血圧や心拍の変動や、脳血流の変化などが起こり得ますので、全身麻酔で行う方が安全と考えられる患者様には、麻酔科医の管理のもとにステント留置術を受けていただいています。

 頸動脈のプラークがとても軟らかい性状の場合には、押しつぶされた病変をステントの網目で抑えることが困難であるため、外科手術である頸動脈内膜剥離術の方が望ましく、一方、過去に頸部の放射線治療を受けられたことのある患者様や、プラークが頭側に近いところまで存在する場合は、ステント留置術の方が安全と考えられています。

 ステント留置術は主に大腿動脈という脚の付け根の動脈から、カテーテルを進めて行う治療ですので、通り道である大動脈など、全身の血管の状態や走行を治療前に3D-CT検査などで確認させていただきます。

 頸動脈を狭窄させているプラークの性状や、全身の血管の状態、心臓や肺の状況など、様々な詳細な検査を行い、患者様お一人お一人について、どちらの治療法がより適しているかを、内膜剥離術のエキスパートと共に十分に検討し、ベストと考えられる治療を提案させていただいています。

写真左 ステント留置前
写真右 ステント留置後

 本治療を行う、脳血管内治療センターの紹介ページはこちら