院長ごあいさつ | 病院紹介 | 札幌の中村記念南病院

病院紹介

院長ごあいさつ

中村記念南病院 院長 岡亨治2003年7月1日、札幌市南区川沿に“地域に根ざした脳神経系疾患医療を南の地にも“をモットーに中村記念病院の二つめの病院として開院しましたが、それから、約10年の月日が経ちました。

現在当院には、脳神経外科学会専門医、神経学会専門医、リハビリテーション医学会専門医、てんかん学会専門医、頭痛学会専門医が常勤しており、幅広い神経疾患に対応できるような体制となっています。原則、365日24時間の救急患者さんの受け入れを行っており、常時MRI、CTなどの診断機器も使用可能で、中央区の中村記念病院と連携しながら、最新・最良の医療を提供できるように心がけています。その甲斐もあってか、最近は、南区以外の遠方からも、当院を受診していただける患者さんが増えてきているように感じています。

当院には急性期の疾患の方が入院する急性期病棟以外に、59床の回復期リハビリテーション病棟があり、この病棟は、新たに脳卒中にかかった患者さん、骨折などで体の機能が低下してしまった患者さんなどを対象に、ある程度の期間、集中して、機能回復や日常生活動作改善を目標にリハビリテーションを継続できることが特徴となっています。日曜や祭日にリハビリテーションを休むことで、せっかく回復していた機能や動作が失われることのないよう、365日のリハビリテーションを実現しています。

更にパーキンソン病などの神経難病疾患を対象とした病棟も有しており、そこでは、病気によって少しずつ生活の機能が低下してしまった患者さんに対して、薬の調整やリハビリテーションを行い、在宅での生活の継続につなげる手助けをさせてもらっています。

そして、併設する同一法人の訪問看護ステーションなかむらや地域の医療及び福祉施設などと連携し、退院後の健康管理、リハビリテーションにつなげる手伝いもさせてもらっています。

このように、単一の医療施設で、救急などの急性期治療、回復期リハビリテーション、神経難病の診断治療、在宅に向けての支援ができるのが、当院の一つの特徴といえます。特にご高齢の方においては、入院などの環境の変化が、身体的にも精神的にも悪影響を及ぼす可能性も指摘されており、ご親族の方が面会しやすい地元の地域で治療を完結できることの利点は大きいと考えています。

これからも外来・救急外来を中心に、地域の皆様の頭の健康の相談にのらせていただき、皆様に愛されるよう日々努め、地域と共に病院が成長していけるよう、職員一同で頑張っていきますので、何卒よろしくお願いします。

社会医療法人医仁会 中村記念南病院 院長 岡 亨治

  • 病気の解説
  • 外来のご案内
  • 入院・お見舞い案内
  • 交通アクセス
  • 患者さん相談窓口
  • 採用情報
  • 社会医療法人 医仁会 中村記念病院ホームページ
  • 訪問看護ステーションなかむら
  • 中村記念病院居宅介護支援事業所
  • 中村記念病院附属看護学校ホームページ
  • 公益財団法人北海道脳神経疾患研究所ホームページ
  • 当院脳神経外科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース業に参加しています。