リハビリテーション科 | 診療科一覧 | 診療科・部門 | 札幌の中村記念南病院

診療科・部門

診療科一覧

リハビリテーション科

概要

当院でのリハビリテーションは、脳梗塞・脳出血など脳卒中の方はもちろん、神経疾患、脳腫瘍、脳外傷、脊髄疾患のほか整形外科領域や「廃用」を主な対象としています(「廃用」=肺炎や大手術など他の疾患を機に筋力が低下し動けなくなったなど)。当院では病状に応じたリハビリを行っています。発症間もない状況での脳卒中急性期リハビリは、早期にどれだけリハビリを行ったかで将来の改善に影響することが医学的に明らかとなっており、病状が許す限り早期リハビリを行っています。

また、少し病状が落ち着いた方を対象とする回復期リハビリ病棟では、発症2か月以内の患者さんを対象に、病状・体力が許せば最大1日3時間のリハビリが可能で、退院後の生活も御相談しながら早期自宅退院を目標にチーム医療にて治療を行っています。また、麻痺に伴い筋肉が過度に緊張(痙縮)した患者さんに対するボツリヌス治療や装具の適合・処方をおこなう装具外来(完全予約制)も行っており、麻痺の改善、日常生活の拡大を目標に訓練を行っています。

リハビリ科医師は、患者さんの病状を把握しつつ、発熱や疼痛など異常への早期対応をはじめ、安心して多くの訓練が行えるように診療を行っています。

 

  • 病気の解説
  • 外来のご案内
  • 入院・お見舞い案内
  • 交通アクセス
  • 患者さん相談窓口
  • 採用情報
  • 社会医療法人 医仁会 中村記念病院ホームページ
  • 訪問看護ステーションなかむら
  • 中村記念病院居宅介護支援事業所
  • 中村記念病院附属看護学校ホームページ
  • 公益財団法人北海道脳神経疾患研究所ホームページ
  • 当院脳神経外科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース業に参加しています。