回復期リハビリテーション病棟 | 入院のご案内 | 札幌の中村記念病院

入院のご案内

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患や大腿骨骨折等により身体機能が低下した患者さんのうち、ご自宅や社会へ戻られる方を対象に、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。

当院では、病院での一日の生活(顔を洗う、着替える、トイレに行く、食事をする、お風呂にはいるなど)の動作全てをリハビリテーションの一環と考え、実践的な訓練を行います。

また、ご家族への介助方法の指導、住宅改修のアドバイス、福祉用具の検討等も行っており、ご自宅での生活がスムーズに進められるようお手伝いいたします。

 

対象になる患者の疾患、入院するまでの期間等について

  対 象 の 疾 患 等 発症から入院まで
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 2ヶ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内

ご相談・お問い合わせ

お問い合わせやご相談は、医療相談課まで、ご連絡ください。