片側顔面けいれん | 神経内科の病気 | 病気の解説 | 札幌の中村記念病院

病気の解説

神経内科の病気

片側顔面けいれん

中高年の女性に多く発症する疾患です。原因の多くは、顔面神経と脳血管の接触により神経が興奮しておこるとされています。

当院では従来の根治的外科治療に加え、A型ボツリヌス毒素による治療をおこなっています。これは毒素による筋力減弱作用で一時的に痙攣を抑える治療で、昨年度に認可された治療法です。治療時間は数分と短く、通常4か月程度効果は持続します。大きな副作用がないことが特徴ですが、数か月後には再注射を必要とします。また顔面神経麻痺後の後遺症として顔面痙攣、共同運動に対しても有効であり優れた治療効果を発揮しています。

この他、眼瞼痙攣、痙性斜頚にも同治療をおこなっていますので、これらの疾患でお困りの方はお気軽にご相談ください。