栄養課 | 事務局 | 診療科・部門 | 札幌の中村記念病院

診療科・部門

事務局

栄養課

栄養課の主な業務は「食事の提供」と「栄養管理」です。
食事は治療の一環として重要な役割を担うものであると同時に、入院患者さんにとって楽しみの一つでもあります。
食事は全量摂取されてこそ、効果が発揮されるものであることを意識し、他部門と連携をとりながら業務を行っています。

食事の提供

当院は、病院給食を直営で運営しています。
この利点を最大限生かし、季節の食材を出来る限り献立に取り入れ、マニュアルに従った衛生管理の下、スタッフ一同心をこめ安全な食事の提供に努めています。

栄養管理

入院時、全ての患者さんのスクリーニングを行います。
食欲が無い、嗜好・アレルギー等により、食べられる食品が限られている患者さんの場合は、ベットサイドでお話をうかがい、食事プランを立てています。

栄養計画書の作成・アセスメントにより、低栄養を疑われる患者さんには、栄養状態の改善を、術後の患者さんに関しては、合併症予防や早期退院に向けた食事療法の指導等、NSTチームの一員として活動しています。

※NSTとは、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士で構成されている静脈栄養・経腸の専門技術・知識を持ったチームです。

栄養指導/外来栄養指導

予約をしていただき外来受診時に行っています。

入院・退院時栄養指導

治療の一環として食事が十分な役割を果たせるよう、医師の指示に基づき、入院中食事療法が必要な方には、退院後の日常生活において食事療法が食習慣として取り入れられるよう、集団・個人指導を行っています。