耳鼻咽喉科 | 診療科一覧 | 診療科・部門 | 札幌の中村記念病院

診療科・部門

診療科一覧

耳鼻咽喉科

概要
どうしてめまいで耳鼻科なの?

めまいで内科や脳外科にかかったとき、「一度耳鼻科に行って診てもらいなさい」と言われることがあります。耳鼻科といえば、子供の頃に中耳炎や鼻炎で痛い処置をされたり、吸入をしたり、鼻を洗ったり、まぁあまりよい思い出のない方、あるいは全然思い出のない方がほとんどでしょう。耳や鼻やノド、どれもあまり「めまい」と関連なさそうにも思えます。では、なぜめまいの時に耳鼻科を勧められるのでしょうか。

耳の奥、中耳の次にある構造を内耳といいます。内耳は音を感じるのはもちろんですが、バランスを感じる「耳石器(じせきき)」や身体の回転を感じる「三半規管(さんはんきかん)」とがつながって複合した機能を果たす重要な器官です。内耳は身体の中でも一番硬い骨に包まれているということからもその大事さが分かります。発生学的にも耳はまず耳石器ができ、それから発達してきたものと考えられていて、「音」の感覚は実は後からついてきたものだったようです。

たとえば、めまいの病気として有名なものに「メニエール病」があります。めまい、難聴、耳鳴が同時期に起こって繰り返す、というのが典型的な症状です。この病気は内耳の障害で起こるのですが、どうしてめまいと耳の症状が一緒に起こるのか、ここまで読めばお分かりいただけると思います。(めまい自体も「耳の症状」ですが)

ただし、耳から入った情報は音もバランス感覚も同じ一本の神経(聴神経)を伝わって脳に届けられます。この経路のどこに障害が起こってもめまいを生じます。もちろん、脳の障害もこれに含まれます。ですから、めまいの診療では耳鼻科だけでなく、脳外科や神経内科などとの緊密な連携が必要です。繰り返したり、長い間よくならなかったり、違う症状が起こってきたりしたときには、特に脳のチェックも行ないましょう。

外来の受付案内はこちらです

薬剤性味覚障害について

味がわからなくなったのは薬のせい!?
「料理の味がわからない」、「何を食べてもしょっぱく感じる」、「自分の味見に自信が持てなくなった」などのお悩みで受診される方がいらっしゃいます。このような「味覚障害」の症状で病院を受診される患者さんは、年間約14万人といわれています。

このような症状の原因は、いろいろ調べても分からない場合も多くありますが、実は他の病気で飲んでいる薬が悪影響を及ぼしていることがあり、その割合は味覚障害全体の1~3割程度に上るとされています。

現在、服用中のお薬の副作用に「味覚障害」が含まれているかお調べします。

このページの最上部へ

診療実績