令和2年度 中村記念 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 66 110 166 354 457 697 1010 653 172
当院は脳血管疾患の専門病院として、幅広い年齢層の患者さんの診療を行っております。この、令和2年度病院指標は、令和元年4月1日~令和2年4月31日までに退院した患者さんを対象に集計しております。
傾向として、退院される方の約7割が60才以上となっており、年々60才代以降の患者さんが増加する傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 296 6.23 4.04 6.08 *66.07
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 188 25.46 15.54 7.45 *71.02
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 145 3.34 4.94 1.38 *68.37
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 126 16.25 9.68 5.56 *76.68
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 120 3.46 3.04 0.00 *63.02
当院は脳疾患の専門病院として、24時間365日、患者さんを受け入れており、札幌市内はもとより全道各地から患者さんが来院されています。治療実績についても、道内でもトップクラスであり、受け入れの多い脳腫瘍、脳梗塞、前庭機能障害(めまい、前庭神経炎)、頭蓋・頭蓋内損傷(頭部外傷、慢性硬膜下血腫)、未破裂動脈瘤は、救急隊からの救急受け入れが多いのですが、他院からの紹介に受診されている患者さんも多くなっております。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 118 5.14 7.48 2.54 *39.86
010230xx99x20x てんかん 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 34 8.71 13.98 0.00 47.59
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 22 33.86 19.69 9.09 74.27
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 42.60 18.20 10.00 70.05
010090xxxxx0xx 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 19 18.74 14.72 0.00 39.42
脳神経内科では、てんかんの検査・治療目的で、全道各地から多くの患者さんが来院されております。また、パーキンソン病、多発性硬化症等の神経筋疾患・難病の患者さんの治療も数多く行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 93 10.67 8.81 0.00 *57.52
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 56 10.32 9.17 0.00 52.02
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.12 - -
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし - - 7.62 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.63 - -
突発性難聴の患者さんに対して、最新の高気圧酸素治療装置を用いての高気圧酸素療法、薬物療法等による早期治療を行っております。また、脳神経外科、脳神経内科と連携し、顔面神経障害の治療も当たっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 18 68.28 25.09 5.56 *83.22
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 16 55.88 18.81 0.00 *79.94
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 15 29.07 20.40 0.00 67.93
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 - - 15.03 - -
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 16.10 - -
股関節骨頭骨折、脊髄損傷、脊柱管狭窄症における手術、治療を行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 53 4.25 4.95 0.00 *75.51
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 18 2.72 2.76 0.00 *76.67
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし - - 6.49 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 8.97 - -
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 - - 6.98 - -
当院の眼科では、白内障手術を多く手掛けており、また、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症、硝子体における手術も行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - -
大腸癌 - 1
乳癌 - - - - - -
肺癌 - 1 7
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
UICC病期分類とは、 国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって、 各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の四病期(ステージ)に分類するものです。この表は5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を、初発のUICC病期分類別及び再発に分けて集計しております。
当院は脳腫瘍の患者さんが多いのですが、5大癌の患者さんについて分類になります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは、病院以外で日常生活をしていた方が肺炎になられた症例で、入院中に肺炎を併発した症例は含まれておりません。
当院は脳・神経疾患の専門病院という診療機能上、市中肺炎に罹患している患者さんについては、多くの診療を行っておりません。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 577 43.40 *73.28 14.98
その他 77 32.74 *75.05 1.53
脳梗塞の約9割の患者さんは発症より3日以内にて治療を受けております。急性期治療を終えた患者さんは自宅退院や、引き続きリハビリが必要な患者さんについては、当院や他の医療機関の回復期リハビリテーション病棟にて、リハビリ訓練を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 93 2.86 14.55 6.45 *78.74
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 89 1.24 38.56 4.49 61.20
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 80 9.54 39.71 3.75 *59.98
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 64 2.69 8.19 0.00 57.50
K178-4 経皮的脳血栓回収術 48 0.17 59.23 33.33 *76.17
頭部外傷等による硬膜の血腫除去術(慢性硬膜下血腫除去術・穿孔洗浄術)、動脈瘤に対してのクリッピング(脳動脈瘤頚部クリッピング)、脳腫瘍に対する腫瘍摘出術、顔面けいれん・三叉神経痛に対する外科手術(頭蓋内微小血管減圧術)、も数多く行っており、脳梗塞に対して、経皮的脳血栓回収術(血管内治療による血栓回収療法)やtPAによるの血栓溶解療法を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 15 6.87 35.93 0.00 68.73
K0811 人工骨頭挿入術(股) 14 4.21 76.93 0.00 *79.50
K0461 骨折観血的手術(上腕) 等 14 3.86 48.64 7.14 *77.93
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(前方椎体固定) - - - - -
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) - - - - -
脊髄損傷、脊柱管狭窄症における脊椎固定術・椎弓切除術・椎弓形成術、股関節骨頭骨折における人工骨頭挿入術、ギプス固定では治癒が難しい骨折や重度の骨折における外科手術を行っております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 71 1.59 1.17 0.00 *75.82
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K0482 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(その他の頭蓋) - - - - -
白内障に対する眼内レンズの挿入手術や、網膜前膜、黄斑円孔、糖尿病性網膜症、裂孔原性網膜剥離などの疾患に対し、硝子体手術を行っております。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 12 45.67 189.58 16.67 *71.58
K181-2 脳刺激装置交換術 - - - - -
K1812 脳刺激装置植込術(両側の場合) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K805 膀胱瘻造設術 - - - - -
患者さんのQOLの向上を目的として、消化器疾患への対応や胃瘻の増設管襟を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.35
異なる - -
手術の合併症については、水頭症におけるシャントの機能不全(詰まり)や術後創部の感染症があります。手術・処置等においては合併症を起こさないよう細心の注意を払い行っておりますが、これらの手術を含め、すべて手術については合併症が発生する可能性があることから、患者さんに対しては術前の説明時に合併症が発生しうる可能性について説明させていただいております。また、合併症が発生した場合には、迅速・適切に治療を行ってまいります。
更新履歴